あなたに寄り添うデザイン

キヤノン(Canon) デジタル一眼レフ EOS 7D Mark II EF-S18-135 IS USM W-E1キット:サエダオンラインショップ - a8912

2019-06-01
カテゴリトップ>デジタルカメラ>デジタル一眼レフカメラ>キヤノン
キヤノン(Canon) デジタル一眼レフ EOS 7D Mark II EF-S18-135 IS USM W-E1キット
ギフト対応

有効画素数:2020万画素
マウント:EFマウント
ファインダー視野率:100%
液晶サイズ:3インチ
記憶メディア:CF/SD/SDHC/SDXC
連続撮影:10コマ/秒
シャッタースピード:1/8000
フォーカスエリア:65点
ISO:100-6400
電源:リチウムイオンバッテリー LP-E6N
サイズ:幅148.6×高さ112.4×奥行78.2mm
重量:約820g (本体のみ)
レンズ:EF-S18-135 IS USM
Wi-Fi-アダプター W-E1

重量:約800g (本体のみ)

本体構成:EOS 7D Mark II 本体、バッテリーパック LP-E6N、バッテリーチャージャー LC-E6、インターフェースケーブル IFC-150U II、ケーブルプロテクター、ワイドストラップ EW-EOS7DMKII、EOS Solution Disk、カメラ/GPS 使用説明書CD-ROM、ソフトウエア使用説明書CD-ROM、EF-S18-135 IS USMレンズ 、Wi-Fi-アダプター W-E1



オールクロス65点AFセンサー

最大65点クロス測距を実現。
狙った被写体を高精度・広範囲で捕捉。中央は開放F8に対応。

より速く、より高精度にピントを合わせるために。AFフレームの多点化、そしてクロス測距化を追求。EOS 7D Mark IIのオールクロス65点AFセンサーは、キヤノンテクノロジーの限界に挑んだ末に生まれました。
65点の測距点をファインダー内で広範囲かつ高密度に配列。思い通りの構図で、被写体を高精度に捉えることが可能に。
全測距点で、F5.6光束対応のクロス(縦】横)測距が可能※1なので、縦線または横線どちらか片方の検知では得られない捕捉性能を発揮します。
使用頻度の高い中央測距点のラインセンサーは、高いピント精度を実現するF2.8とF5.6光束対応クロス測距(デュアルクロス測距※2)を配置。開放F8に対応※3しているため、エクステンダーを装着して開放F8になるレンズでも、中央測距点でのクロス測距が可能です。さらに、低輝度限界はEV-3(中央1点)を達成。暗いシーンを高感度で撮影するときも、高精度なAFを活かした撮影が行えます。

※1使用レンズにより、測距点数、クロス測距点数、デュアルクロス測距点数が変動する場合があります。
※2EF50mm F2.5 コンパクトマクロ、EF28-80mm F2.8-4L USMではF5.6クロスセンサーで測距します。
※3EF180mm F3.5L マクロ USM+エクステンダー EF2×では行えません。



EOS iTR AF

被写体の特徴を見分け、予測できない動きにも高精度に自動追尾。

高速で動く被写体、予期せぬ動きをする被写体にも追尾し続けるEOS iTR AF。最初にピントを合わせた被写体の顔や色を、まずカメラが認識。被写体の速度や方向が急変し、測距点を外れてしまっても、測距点を移動させてピントを合わせ続けることができます。さらに顔や色の検知だけでなく、新しい追尾アルゴリズムにより、高精度な被写体検出、追尾が可能に。またEOS iTR AFは、被写体の顔や色を解析し、AEとAFを最適に制御するEOS iSA※2 Systemと連携しています。




デュアル DIGIC 6


画像処理性能を追求。映像エンジンはEOS初のDIGIC 6を2基搭載。


画像処理の速度だけを高速化しても、同時に精度が伴っていなければ高画質な一枚は生まれません。

EOS 7D Mark IIの映像エンジンは、速度と精度を高次元で両立したデュアルDIGIC 6を採用。約2020万画素CMOSセンサーから出力される8チャンネル高速信号読み出しに対応するため、アナログ信号をデジタル信号に高速変換する4チャンネルA】D変換フロントエンド処理回路を2個採用。デュアル DIGIC 6とセットで働く高速並列処理回路により、最高約10コマ】秒の高速連続撮影を実現。
階調や色を繊細に捉え、自然な画像を、より高速に生成することが可能です。
常用ISO感度100〜16000や撮影時の歪曲収差補正、EOS iTR AFの顔検出精度の向上、さらにはフルハイビジョン動画の60pのIPB圧縮、MP4動画記録などの実現に結びつきました。

約2020万画素CMOSセンサー(APS-Cサイズ)

最高約10コマ】秒という高速連続撮影の実現には、新開発CMOSセンサーも貢献しています。
自社開発・自社生産のCMOSセンサーは、8チャンネル読み出し技術を採用。一つひとつの画素の読み出し速度が速いため、高画素と高速連続撮影を両立しました。
有効画素数約2020万画素、常用ISO感度最高16000を達成。高解像度センサーは、空気感、光のニュアンス、被写体の繊細なディテール、微妙な色彩のグラデーションまで刻みとることができます。
高感度撮影においては、DIGIC 6に情報を到達させる前段階で、低ノイズ化を実行。CMOS半導体工程に新プロセスを導入し、S/N比や集光効率の向上を実現しています。

※有効撮影画角はレンズの表記焦点距離の約1.6倍相当。


快適・快速ライブビュー撮影


ライブビュー撮影にスピード革新。デュアルピクセル CMOS AF

これまでのライブビュー撮影や動画撮影のAFを過去にする。それが、デュアルピクセル CMOS AF。
より速く、よりスムーズなAFを実現します。
その仕組みは、CMOSセンサー上の一つひとつの画素を、独立した二つのフォトダイオードで構成し、全有効画素からの情報を撮像と位相差AFに利用するというもの。そこにキヤノンの一眼レフのノウハウを活かした撮像面位相差AF技術を連携させ、高速AFを実現させました。最終合焦まで位相差AFを行い素早いピント合わせが可能です。
静止画と同様に高感度、高画質な描写性能も見逃せません。EOS 7D Mark IIのEOSムービーは、高感度の性能も大きく進化。
デュアル DIGIC 6と新開発CMOSセンサーにより、常用ISO感度100〜16000を実現。暗いシーンも低ノイズでクリアな映像表現が可能です。
また、デュアルピクセル CMOS AFにより、滑らかで追従性にも優れたAFが可能。記録形式は、従来のMOVに加え、互換性の高いMP4にも対応しています。


動きの速い被写体でも残像感を抑え、より滑らかで美しい動画撮影を可能にするフルハイビジョン60p動画を実現。1】2倍速スロー再生時にも滑らかなスロー再生が行えます。
記録形式はMOVに加え、再生互換性に優れるMP4フォーマットにも対応。幅広いデバイスで再生することができます。
またフレームレートは24.00fpsの設定が可能。映画制作でフィルム素材が混在する映像編集のワークフローにも対応できます。

新開発「ナノUSM」掲載。高速AFを実現した高倍率ズームレンズ



新開発の小型モーター「ナノUSM」の採用により、高速・高精度な静止画AFと滑らかな動画AFを可能にした高倍率ズームレンズ。
EOS 7D Mark IIの高速AF性能をさらに引き出します。光学系には、収差を高度に抑える非球面レンズやUDレンズを採用。 ズーム全域での高画質を実現しています。

EOS 7D Mark IIでWi-Fi通信を可能に

SDカードスロットに挿入することで無線通信を実現するWi-Fiアダプター。スマホアプリ「Camera Connect(無料)」との連携により、スマホやタブレット でEOS 7D Mark II内のCFカードに記録された画像の閲覧・保存やリモート撮影、設定変更が可能です。

【10,000円以上ご購入で代引き手数料無料】
メーカー希望小売価格 オープン価格
価格
245,300円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
クロネコ延長保証  
メーカー在庫確認後、在庫あれば2〜3日
※注文個数によりお届け日が変わることがあります。

個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く